○ ヤクルト 6 − 2 中日 ●
<2回戦・神宮>

 新生・高津ヤクルトが開幕2戦目で今季初勝利。打っては2番・山田哲が2戦連発、4番・村上は今季1号ソロを放つなど計3本塁打、投げては先発の小川が6回2失点と好投し今季初勝利を挙げた。

 ヤクルトは初回、中日先発・吉見に対し1番・坂口が粘った末に右前打で出塁。リードオフマンが2戦連続で初回にチャンスメイクしたあと、2番・山田哲が前夜の開幕戦に続く第2号2ランをバックスクリーンへ運んだ。さらに一死後、4番・村上が今季1号ソロを右中間席中段へ。高津新監督が期待する主力のアベック弾で3−0とリードを広げた。

 2点差に詰め寄られた3回には、5番・塩見がプロ入り2本塁打目となる今季1号ソロを右翼席へ。8回には新助っ人の7番・エスコバーが三塁線を破る2点適時二塁打を放ちダメ押しとなる2点を加えた。

 先発の小川は3回と4回に1点ずつを失うも、6回6安打2失点の好投で今季初勝利。7回以降は清水、マクガフ、石山が無失点リレーで試合を締めた。

 中日は先発の吉見が4回4失点で今季初黒星。前夜の開幕戦で18安打9得点をマークした打線は、8安打2得点とこの日はつながりを欠いた。