◆ トレード移籍から4日

 日本野球機構(NPB)は18日、一軍選手登録を公示した。

 巨人は若林晃弘を抹消し、楽天からトレード加入した高梨雄平が初昇格。高梨は7月14日に楽天へ移籍した髙田萌生との交換トレードが発表され、同16日にファーム西武戦で巨人デビュー。初登板から中1日を挟んだこの日、ついに一軍登録された。

 また、DeNAは前日に6回2失点で敗戦投手となった井納翔一を抹消し、外野手登録の楠本泰史を一軍登録。オリックスはK−鈴木を抹消し、小林慶祐が今季初昇格した。

 この日抹消された選手の再登録は「7月28日」以後となる。


◆ 7月18日(土)の一軍登録・登録抹消

■ 東北楽天ゴールデンイーグルス

−登録−
21 釜田佳直/投手

=抹消=
72 池田 駿/投手


■ オリックスバファローズ

−登録−
39 小林慶祐/投手

=抹消=
30 K−鈴木/投手


■ 読売ジャイアンツ

−登録−
53 高梨雄平/投手

=抹消=
37 若林晃弘/内野手


■ 横浜DeNAベイスターズ

−登録−
37 楠本泰史/外野手

=抹消=
15 井納翔一/投手