◆ “前任”の上原氏もエール

 巨人は26日、田中豊樹投手(26)と支配下契約を結んだことを発表した。背番号は「19」に決定。


 佐賀商高から日本文理大を経て、2015年のドラフト5位で日本ハムに入団。2019年には一軍で19試合に登板するなど、プロ通算31試合に登板した経験を持つ右腕だが、オフに戦力外通告を受けて自由契約に。新天地を探していたところ、巨人と育成契約を締結していた。

 今季はファームで10試合に登板し、1勝0敗3セーブ。防御率は1.93と安定した投球を披露。特に7月に入ってからは7試合・6回2/3を投げて防御率0.00と好調をキープしており、この活躍が認められて支配下復帰を果たした。


 しかも、驚いたのは背番号。かつてのエースである上原浩治や、現エースの菅野智之も背負っていた「19」を継承することが決定。

 これには前任者の上原氏もTwitterで反応。「巨人、田中選手。ちょっと汚した背番号19 を綺麗にして下さい!!頑張って」と、自虐を含めながらエールを送った。


◆ コメント

▼ 田中豊樹

うれしいです。
やっとスタートラインに
立てたと思っています。

ファームの監督はじめ、
首脳陣の方々、
裏方の皆さまに
本当に感謝しております。

これからは一軍の戦力になれるよう、
全力で頑張ります。