◆ “どすこい弾”に続いて“おかわり弾”も

 西武の山川穂高選手が31日、PayPayドームでのソフトバンク戦に「3番・一塁手」として先発出場。3回二死走者なしで迎えた第2打席に、ソフトバンンクの先発・東浜巨から今季3本目となる一発を左翼席に放り込んだ。

 「沖縄の大先輩から打てて良かったです!」と振り返った山川の12号ソロで先制した西武は、続く外崎修汰がヒットで出塁すると、5番・中村剛也が「打ったのは真っすぐ。打てて良かったです」と5号2ランを左翼席に運び、3点のリードを奪った。