○ 阪神 3 − 1 DeNA ●
<9回戦・甲子園>

 代走で出場した阪神の江越大賀が、好走塁を見せた。

 2−1の8回無死一、三塁の場面で、三塁走者の江越は梅野隆太郎が放ったショートへのゴロで、スタートを切る。前進守備を敷いていたDeNAのショート・大和も素早く打球を処理しホームへ送球するも、好スタートを切っていた江越がヘッドスライディングで捕手・戸柱恭孝のタッチをかいくぐりホームインした。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神−DeNA戦』で解説を務めた八木裕氏が、「これはプロのプレーだよね。足も速いけど、江越のゴロゴーのスタートが素晴らしい。凄いプレー」と興奮気味に話していた。

(提供=MBSベースボールパーク)