● レッズ 2 − 4 インディアンス ○
<現地時間8月4日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 レッズの秋山翔吾外野手(32)が4日(日本時間5日)、本拠地で行われたインディアンス戦に「1番・左翼」でスタメン出場。インディアンスの開幕投手・ビーバーの前に4打数無安打に倒れ、3試合連続安打とはならなかった。

 昨季15勝を挙げ、開幕戦から14イニング連続無失点中だったインディアンス先発・ビーバーの前に、初回の第1打席は空振り三振。3回の第2打席は一死無走者の場面で二ゴロに倒れた。5回の第3打席は二死無走者の場面で投ゴロ。8回は一死無走者の場面で空振り三振に倒れ、若き右腕の前に4打数無安打2三振と沈黙。打率は.207となった。

 レッズは3番・カステラノスの6号ソロ、5番・スアレスの1号ソロで6回まで2−0とリードするも、7回以降に4点を失い逆転負け。連勝は「3」で止まり、再び借金「1」となった。

 インディアンスは逆転勝ちで連敗を「4」でストップ。ビーバーは初回に失点し開幕からの連続無失点イニングは「14」で止まったが、8回途中5安打2失点の力投で開幕から無傷の3連勝とした。