● ヤクルト 4 − 5 DeNA ○
<8回戦・神宮>

 DeNAの新守護神・三嶋一輝が、1点のリードを守り切った。

 5−4の9回から登板した三嶋は、先頭の川端慎吾を三邪飛に打ち取るも、続く代打・宮本丈にレフト前に弾き返されてしまう。それでも、坂口智隆を中飛、一塁走者の代走・渡辺大樹を牽制で刺しゲームセットとした。これで三嶋は、5セーブ目となった。

 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、三嶋について「抑えになってからバラつきがなくなったように感じるんですよね。そこが良いところのひとつなんですよね。どのボールも全力で投げて多少荒れるというのが武器だと思うんですけど、荒れ幅が9回を任されるようになってから少し大人しくなったかなという気がしますね」と分析した。

 谷繁氏が話したように、三嶋は今季制球が安定しており、特に抑え転向後は6試合に登板して、1つも四球を与えていない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)