○ 巨人 8 − 0 阪神 ●
<9回戦・東京ドーム>

 巨人の岡本和真が、2試合連続となる第18号ソロを放った。

 2−0の6回一死走者なしからガルシアが投じた外角のツーシームをライト方向へ放り込んだ。この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏は「すごいですね。これぞ4番というバッティングでしたね。今のは狙いすましていたんじゃないですか」と絶賛。

 また、田尾氏は初回の適時打には「初回のタイムリーも見逃したら低めのボール球ですよね。これを食らいついた感じでヒットにしたでしょう。さすがだなと思いました」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)