● ヤクルト 2 − 5 巨人 ○
<13回戦・神宮>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、巨人・亀井善行について言及した。

 亀井は1−0の4回無死走者なしの第2打席、4球連続フォークのあと、2ボール2ストライクから5球目の低めのフォークをうまくレフト前にヒットとした。

 この打撃に佐々木氏は「今のもボールになるフォークですけど、上手いですよね。追い込まれてからこういうバッティングができるのが強み」と称賛。

 また、佐々木氏は「思いっきり狙ってきたり、バッティングにメリハリがありますよね」と亀井の打撃を評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)