● DeNA 4 − 6 ヤクルト ○
<15回戦・横浜>

 ヤクルトの山田哲人が、第6号満塁本塁打を含む4安打5打点の活躍を見せた。

 山田は1−0の2回二死走者なしの第2打席、先発・阪口皓亮が2ボールから投じた高めのストレートをライトスタンドへ放り込んだ。

 この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−ヤクルト(東横シリーズ)』で解説を務めた真中満氏は「打った瞬間にいったと思いました。うまく打ちましたよ。2ボールから真ん中近辺ですから、この辺りのボールは山田はしっかり打ちますよね」と振り返った。

 この日の山田は初回の第1打席に二塁打、7回の第3打席にライトへタイムリー、9回の第4打席はレフト前安打と、4安打5打点の活躍だった。

 真中氏は「これでノッていけるといいですけどね。来たかなと思うとノれなかったり続いていましたので、体調さえ万全なら山田ならある程度数字を残すと思います。来週にまた繋げて欲しいですね」と期待を寄せた。

▼ヤクルト通算満塁本塁打ランキング
1位 10本 池山隆寛
2位  8本 山田哲人
3位  7本 アレックス・ラミレス
3位  7本 畠山和洋

(ニッポン放送ショウアップナイター)