10日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日−巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、中日の捕手事情について言及した。

 谷繁氏が現役時代、中日の正捕手として長年活躍し4度のリーグ優勝、1度の日本一の立役者となった。谷繁氏が現役引退後は、正捕手を固定できずにいる。

 中日の捕手事情に谷繁氏は「早く決まればいいなといつも思っているんですけど、これっていう決め手がどの選手にもないんですよ。どうしても我慢しきれないんですよね」と話す。

 この日は、ルーキーの郡司裕也がスタメンマスクを被ったが、「バッティングは実戦向きというか、いろんなボールに対応できる能力があると思うんですけど、数字が出てないんですよ。そこだと思うんですよね。郡司が3割くらい打ってくれるんであれば、郡司を使うでしょうね。でも致命的な欠点を彼にはある。トータルで考えると、今のところはちょっと難しいのかなと感じますね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)