15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏が、巨人の4番・岡本和真について言及した。

 田尾氏は、今年の岡本に「見ていて、泳がされて打たされたという打席が減りましたね」と分析する。「上手く狙い球を絞っていると思いますよ。外の球を逆方向にホームランにするときも、狙って打っているんだと思うんですよね。その辺がワンランクアップしたなという気がしますね」と岡本の打撃を絶賛した。

 岡本は今季ここまでリーグトップの21本塁打、61打点をマークしている。

(ニッポン放送ショウアップナイター)