● レンジャーズ 4 − 12 アストロズ ○
<現地時間9月24日 グローブ・ライフ・フィールド>

 アストロズは打線が15安打12得点を記録し敵地で大勝。再び貯金1とし、ポストシーズン(PS)進出決定へのマジックを1とした。

 アストロズは初回、4番・ブレグマンの適時三塁打などで2点を先制。2回は1番・スプリンガーの14号3ランで5−0とリードを広げた。5回以降もブレグマンの5号ソロ、2番・アルトゥーベの4号3ラン、8番・レディックの4号2ランなどで加点。4本塁打を含む計15安打で大量12点を奪った。

 アストロズは今季通算29勝28敗とし、ポストシーズン進出となる地区2位の座をキープ。残り3試合で同地区3位・エンゼルスとは3ゲーム差で、アストロズが1勝、もしくはエンゼルスが1敗した時点で、アストロズの4年連続となるポストシーズン進出が決まる。アストロズが3連敗、エンゼルスが3連勝し29勝31敗で並んだ場合は、直接対決で勝ち越しているエンゼルスがポストシーズンに進出する。

 また、この日の結果を受け、試合のなかった同地区4位・マリナーズのポストシーズン進出の可能性は完全消滅。マリナーズは19年連続でポストシーズン進出を逃し、北米4大プロスポーツチームのワースト記録を更新した。