○ 巨人 6 − 4 DeNA ●
<16回戦・東京ドーム>

 巨人のウィーラーが、来日6年連続シーズン10本塁打に到達した。

 4−3の5回無死一塁からDeNA・山崎康晃が投じた外角のストレートを逆らわずに弾き返すと、打球はライトスタンドに飛び込む本塁打となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏はウィーラーの本塁打に「ゲームの展開からいっても、菅野にとってもゲームの流れが一気にジャイアンツに来ましたもんね」と評価。

 「ウィーラーの存在は大きいですよね。相手に脅威を与えたいなというときは、いいですよね。ひょっとしたら、ホームランがあるかもしれないというね」と語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)