● 巨人 3 − 6 DeNA ○
<17回戦・東京ドーム>

 巨人の先発・田口麗斗が、6回5失点で5敗目を喫した。

 初回に先頭の神里和毅から3連打で満塁としてしまうと、一死後、ロペスの遊ゴロの間に三塁走者の生還を許し1点を失う。2回以降は立ち直り、3回から5回までDeNA打線を3イニング連続三者凡退に抑える。

 1点リードの6回、先頭の宮崎敏郎に二塁打、オースティンを四球で一、二塁としてしまうと、続く佐野恵太を一塁へのゴロで一塁・ウィーラーが二塁へ送球しアウトにしたが、遊撃・吉川尚が一塁への送球が悪送球となり同点とされる。ここを踏ん張りたい田口だったが、ロペスに勝ち越し2ラン、続くソトにも一発を食らう。倉本寿彦にライトに運ばれたところで降板となった。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「勝ったり負けたりしていますが、こういう交代が多いですよね。100球近くですね。2回からの田口のピッチングを見ていたら、こういう感じになるとは思えないですよね。急にこうなるからわからないですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)