● 巨人 3 − 4 広島 ○
<19回戦・東京ドーム>

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、巨人のライト・松原聖弥の守備について言及した。

 0−3の4回二死一塁から広島・菊池涼が放ったライト線の打球をライト・松原が飛び込むも捕球することができず。ボールが転々としている間に、一塁走者・坂倉将吾の生還を許してしまった。(記録は三塁打)

 この守備に川相氏は「2アウトランナー一塁で、際どい打球がいったときに、捕れないのにああいうプレーをすると、その間にランナーが還られてしまう。ヒットならヒットで、あとの処理をきっちりやって送球すれば、もしかしたら一塁ランナーをホームに還さないようなプレーができるかもしれない」と指摘。

 「ギリギリまで追いかけて際どかったんですけど、無駄なスライディングをしてしまったばかりに、一気にランナーを還してしまいましたね」と話し、「松原にとってもこれも勉強ですね」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)