◆ 粘投もミスが絡み4失点

 日本ハムの吉田輝星投手が22日、本拠地・札幌ドームで行われたソフトバンク戦に先発登板。6回を投げて6安打4奪三振の4失点(自責点2)という内容で降板となった。

 今季3度目の登板となった吉田輝は初回、先頭の周東佑京にいきなり二塁打を打たれる立ち上がりとなったが、続く中村晃を投ゴロに仕留めると、3番・柳田悠岐には四球を与えるも、4番・グラシアルを三振、5番・栗原陵矢を右飛に打ち取ってピンチを切り抜けた。

 2回には長谷川勇也と松田宣浩の連打で無死一二塁となったが、甲斐拓也が犠打を失敗。続く牧原大成も追い込みフォークで仕留めにかかったが、うまく合わされた打球が三塁線を破って先制を許してしまう。それでも、なお一死二三塁の場面で周東と中村を打ち取り、最少失点に抑える粘りのピッチングを披露した。

 すると3回は、柳田とグラシアルから連続三振を奪い、4回も松田からストレートで見逃しの三振を奪うなど、2イニング連続で三者凡退と、尻上がりに調子を上げていった。ところが5回、一死後にヒットと四球で一二塁となり、柳田の一ゴロを処理しようとした一塁手・中田翔の失策で満塁に。

 その後、一死満塁で迎えたグラシアルをフォークで空振り三振に仕留めたかと思われたが、ファウルとの判定となり、仕切り直しとなったグラシアルに適時打を許す苦しい展開。さらに内野ゴロの間に1点を失うと、清水のパスボールも加わり、この回に3失点(自責1点)となった。

 結局、吉田輝は6回を投げ切って111球、6安打、3四球の4失点(自責2)の粘投を披露。降板後、吉田輝は「全体的に真っすぐはよかった」と手応えを口にしつつ、「2回の1点は、自分で防ぐことができたと思う」、「5回のグラシアルに打たれた1球は、自分で首を振って真っすぐを投げたので、もっと厳しくいかないといけなかった」と反省を口にした。