◆ 負けられない西武、2位・ロッテと2ゲーム差

 クライマックスシリーズ進出を争う西武にとっては、やるせないプレーが発生した。

 本拠地でのソフトバンク戦。西武は1−1の同点で迎えた3回、一死二、二塁の好機を作り、打席には6番・中村。ソフトバンク先発・笠谷の6球目を叩い打球は高く弾み、一塁手・中村晃の頭上を越えた。

 右翼線への2点適時打かと思われたが、打球はフェアのジャッジをしていた一塁塁審の足を直撃。ファウルゾーンへ方向が変わった打球を中村晃が素早くつかむと、一塁ベースカバーに入っていた二塁手・牧原に転送し結果は一ゴロとなった。

 この間に勝ち越しの三塁走者は生還したが、二死三塁となり、続くメヒアは三ゴロ。中村の打球が抜けていれば、2点を追加し、なおも好機が続いていた可能性もあっただけに、西武にとっては不運としか言いようのないプレーとなった。