◆ 2位ロッテとは再び1差に

 西武の榎田大樹投手が日本ハム打線を相手に7回途中1安打無失点と好投し、今季初白星を手にした。チームも連勝となり、同日に試合のなかった2位ロッテのゲーム差を再び「1」とした。

 直近4試合はすべて先制点を与えていた西武だったが、この日は8月26日以来の登板となった榎田が、前回登板で3回途中7失点と打ち込まれた日本ハム打線を翻弄。初回を三者凡退に抑えると、その裏に味方打線が相手のミスに付け込み一死二三塁の好機を作り、4番・栗山の適時打で2点を先制した。

 降板後、「今日は(森)友哉のリードにうまく応えて投げることができた」と振り返った榎田は、2回と4回にそれぞれ四死球を与えて走者を許したものの、いずれも併殺打に仕留め、7回一死までノーヒットピッチングを披露。7回一死から2番・杉谷拳士に二塁打を許し、続く西川遥輝に四球を与えたところで降板となったが、7回途中まで1安打と素晴らしい内容で試合を作った。

 榎田の後を受けた森脇亮介は、一死一二塁で4番・中田翔から空振りの三振を奪うと、続く5番・大田泰示には際どいボールを見極められて歩かせてしまい、二死ながら満塁のピンチに。しかし、6番・渡邉諒を三ゴロに仕留めて乗り切ると、8回は平良海馬が3人で終える盤石の継投。辻監督も「後ろには力強いリリーバーがいる」と称えた救援陣がきっちりと役割を果たした。

 打線はミスもありながらも5回に木村文紀の8号ソロで、8回裏には一死満塁から代打・愛斗の今季初安打となる適時打で、それぞれ1点ずつを加え、4点差となった9回にはギャレットがマウンドへ。最後の打者・中田を中飛に打ち取って日本ハム打線をわずか2安打に抑える完封リレーを披露した。

 お立ち台に上った榎田は「チームも負けられない状況で、ここまで戦力になれていなかった。今日こそ勝ちたいと思ってマウンドに上がりました」とコメント。ノーヒットノーランに関しては「意識していなかった」「必死に投げていた」と振り返り、ピンチを抑えてくれた森脇に感謝しつつ、7回は「投げ切って終わりたかった」と悔しさもにじませた。

 また、連日の4番起用で走者を返す役割を果たしている栗山は「いい場面で回てくるのでいいところで結果を出したい」と語り、「チーム全体として先制点をとることは大事なので良かったです」と連日の先制打を喜んだ。これで2位ロッテは再び1差、投打のベテランが苦しい最終盤に結果を残し、大逆転でのCS進出に向けてチームを勢いづかせた。