4日にニッポン放送で放送された広島−巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏が、走塁について言及した。

 広島は5−1で勝利したものの、2回に二塁走者のピレラが投手・遠藤淳志の捕邪飛で飛び出してしまいダブルプレー。3回には一塁走者の長野久義が、田中広輔のライト・松原聖弥のスライディングキャッチで、一塁に戻れずダブルプレーという走塁ミスがあった。

 2回の走塁に天谷氏は「フライが上がったら戻らないといけないですよね」と話し、3回の長野の走塁には「経験がある長野選手からすると、ちょっともったいない走塁ですよね」と指摘した。

 天谷氏は同中継中、走塁について「私がひとつ言いたいのは、一塁ランナー、セカンドランナーが走塁ミスをしたときに、一塁コーチャー、三塁コーチャーを叱責する人がいるんですけど、そこは選手の判断ですからね」とコメント。

 「(指示を)仰ぐときもあるんですよ。自分から見えない外野へのヒットでホームに還ることであったり、セカンドにいくというのは、コーチャーの指示を仰ぐこともあるんですけど、自分の目の前で起きているプレーに対しては、自分で判断しなければいけないですよね」と自身の見解を述べていた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)