○ 巨人 6 − 2 ヤクルト ●
<23回戦・東京ドーム>

 ヤクルトの村上宗隆が、1試合2本塁打を放った。

 0−4の7回無死走者なしから巨人の2番手・桜井俊貴が投じたストレートを捉えた打球は、左中間スタンド最前列に突き刺す本塁打となった。

 この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「ちょっと詰まったかなと思ったんですけど、振りがいいというか、伸びていきましたね」と評価。

 さらに、9回の第4打席には大竹寛のシュートをレフトスタンド最前列へ2打席連続本塁打。江本氏は「当たった時に飛距離が出る人というのは、独特な力をもっているわけですよね。作れるものじゃないんですよ」と分析した。

 この日は岡本和真が2打席連続本塁打を放つなど、巨人、ヤクルトの若き4番が揃って本塁打を放った。江本氏は「岡本が打って、村上が打って良いじゃないですか」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)