● ヤクルト 3 − 7 広島 ○
<24回戦・神宮>

 10日に放送された『ニッポン放送制作のヤクルト−広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、今季ここまで無失策の広島・菊池涼介の守備について言及した。

 井端氏は「私も1シーズン(失策)0というのを目標にしてやっていましたので、それは不可能だなと思っていたんですけど、現実にはいるんだと思いましたね」と語った。

 「これがどれだけ大変なことか、スゴイことかというのは、やっている人しかわからないと思います。相当スゴイことですよ。特に二遊間で0で終わるという選手は、バケモノだと思いますね。1つや2つは(エラーを)やりますよ。中には今のは、仕方がないなというエラーがあるので、それがないというのはスゴイことですよね。長くやっていれば、凡ミスもありますしね」と、ここまで無失策を続ける菊池の守備の凄さについて語っていた。

 広島は11日にマツダスタジアムで行われる中日戦が今季ラストゲームとなるが、菊池涼介は無失策でシーズンを終えることができるか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター )