16日に放送された『ショウアップナイター スポーツ』に電話出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の川相昌弘氏が、巨人の坂本勇人、丸佳浩を日本シリーズでの“打者”のキーマンに挙げた。

 川相氏は「岡本は経験といったら数年ですけど、マークされるでしょう。それをカバーできる実力と経験があるのは坂本と丸。若手にも期待したいですけど、実力と経験のある菅野、打線では坂本、丸が機能しないと、巨人は厳しいでしょうから。活躍すれば十分に勝機があると思います」と日本一へ向け、坂本、丸の活躍が鍵を握ると分析した。

 坂本と丸は極度の打撃不振がありながらも終わってみれば、坂本がチームトップの打率.289、19本塁打、65打点、丸は打率.284、27本塁打、77打点という成績だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター )