SMBC日本シリーズ2020・第1戦
● 巨人 1 − 5 ソフトバンク ○
<11月21日・京セラD大阪>

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人−ソフトバンク 日本シリーズ第1戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人の岡本和真の打撃について言及した。

 岡本は第1打席、ソフトバンクの先発・千賀滉大がインコースに投じたストレートに手を出すも捕邪飛に倒れる。第2打席は四球を選んだが、徹底したインコース攻めにあう。江本氏は「これだけインコースのストレートを投げてくるということは、欠点を見抜いていますよ。その攻め方ですよ」とポツリ。

 0−4の6回一死一塁の第3打席、2ボール1ストライクからの4球目のストレートを見送ると、江本氏は「ピッチャー(の調子)が落ちてくることの変化を掴みきっていない。今の球なんかもポーンとバットを出せば、右中間に入っているコースですよね」と指摘。

 結局、この打席はインコースのボール気味のストレートを打つも一飛に打ち取られた。江本氏は「見送ればボールですよね。打ちたい打ちたいの気分で、最初の打席と違って迷っている。そのぶん遅れている」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)