現在放送中の『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人−ソフトバンク 日本シリーズ第2戦』で解説を務めている若松勉氏が、初回のソフトバンク・グラシアルの走塁について言及した。

 2−0の初回一死一塁から5番・栗原陵矢がライト前に放った打球で、一塁走者のグラシアルは二塁ベースを蹴って一気に三塁へ進塁。

 この走塁に若松氏は「飛んだコースも非常に良いんですけど、グラシアルがライト前で思い切って三塁まで走ってくるんですからね。スゴイですよね」と絶賛。

 グラシアルは続くデスパイネの三ゴロの間に3点目のホームを踏んだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)