巨人は初回に先制しながら、その裏先発・畠世周が柳田悠岐に逆転2ランを浴びた。

 0−1の初回一死走者なしから畠が、中村晃に二塁打を打たれると、続く柳田悠岐に初球の変化球をライトスタンドに逆転2ランを許した。

 現在放送されている『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク−巨人 日本シリーズ第4戦』で解説を務めている野村弘樹氏は、「打った柳田がすごいんですけど、投げきれていないですよね。それが僕は悔いが残りますね。当然投手ですから、勝負していたら打たれるんですけど、打たれ方が悔しいですよ」とコメント。

 続けて野村氏は「変化球だと思うんですけど、真ん中に入ってきている。高さもそうなんですけど、特にコースですよね。インコースに突きたいなら、のけぞらすぐらいにいかないと。一生懸命投げているんですけど、“今日の俺は行くぞ!”というところが見えない」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)