SMBC日本シリーズ2020・第4戦
○ ソフトバンク 4 − 1 巨人 ●
<11月25日・PayPayドーム>

 巨人がソフトバンクとの日本シリーズ2年連続で、0勝4敗で敗れた。

 巨人は初回、坂本勇人の適時二塁打で今シリーズ初となる先制点を挙げたが、その裏、先発の畠世周が柳田悠岐に逆転2ランを浴びる。2回にも甲斐拓也に2ランを打たれると、畠は2回途中で降板。3回以降はリリーフ陣がスコアボードに0を入れていくも、打線もソフトバンク投手陣を打ち崩すことができなかった。

 特に打線は日本シリーズ4試合で、4得点しか奪うことができなかった。25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク−巨人 日本シリーズ第4戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、「結局、ジャイアンツはこの4試合で4得点ですか。3戦目は仕方がないにしても、点が取れなかったということは、ソフトバンクの投手陣がしっかり抑え込んだということでしょうね」と振り返った。

 「去年ああいう負け方をして、今年も同じ相手と日本シリーズを迎えたわけですけど、去年と違った意味で難しさはあったと思います。10月の戦い方ですよね。投手陣も野手陣も少し落ちてきた感じがあるなかで、日本シリーズを迎えなければならなかった。準備をしっかりやってきたとはいえ、調子状態というのはなかなか難しいと思います。ソフトバンクの投手陣がそれ以上にいいだけに、攻撃陣が苦労しましたね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)