◆ スタッフ2名が再合流

 オリックスは11日、2月9日(火)に舞洲球団施設(大阪市此花区)にて実施した春季キャンプC組に所属するコーチ、選手、チームスタッフを対象とした新型コロナウイルスの定期PCR検査において、 タイラー・ヒギンス選手(29)が陽性と判定されたことを発表。NPBが作成した目安を基にした球団内の調査において濃厚接触の疑いがあるチームスタッフ2名を除いて、11日より活動を継続していたが、同日に保健所より「濃厚接触はいない」との連絡があったことを公表した。

 今回の連絡を受け、濃厚接触者の疑いがあったチームスタッフも12日よりチームに合流するとのこと。