○ 中日 3 − 0 DeNA ●
<アグレスタジアム北谷>

 DeNAの田中俊太内野手(27)が13日、中日との練習試合に「2番・三塁」で先発出場。チームは今季初の対外試合で完封負けを喫したものの、田中は左前打と四球で2度出塁するなど存在感を示した。

 初回、一死無走者の場面で中日先発・勝野と対戦し、フルカウント後の真っ直ぐをコンパクトに弾き返し左前打で出塁。4回の第2打席は先頭打者として2番手・山本と対峙し、じっくりと選球し一塁へ歩いた。続く中井の打席で二盗を試みるも、ここは相手捕手・郡司の好送球に阻まれ盗塁失敗。7回の第3打席は4番手・清水の前に空振り三振に倒れ、2打数1安打1四球の成績でベンチに退いた。

 守備では三塁後方の難しい飛球を落ち着いて捕球し、三遊間を襲った強い打球も軽快に処理。売りであるユーティリティ性を首脳陣にアピールした。

 田中は今季初実戦となった7日の紅白戦でも四球を1つ選んでおり、これで新天地での実戦は計5打席で3出塁(1安打2四球)。巨人にFA移籍した梶谷の人的補償で加入した背番号38が、早くも持ち味を発揮している。