◆ 昨季6完封含む10完投、初の沢村賞受賞

 中日の大野雄大投手(32)が27日、阪神との練習試合(北谷)に先発登板。今季初の対外試合登板は2回4安打3失点の結果だった。

 初回、1番・近本を打ち取った打球が右前にポトリ。ダイビングキャッチを試みた右翼・三好が打球を弾く間に近本は二塁へ進んだ。続く糸原には右前打を許すと、3番・佐藤輝には死球。いきなり無死満塁のピンチを招いた。

 4番・サンズは見逃し三振に仕留めたものの、続くマルテには初球の真っ直ぐを狙われ三塁線を破る適時二塁打。この間に2者の生還を許した。6番・高山には中犠飛を許し3失点目。なおも二死二塁のピンチだったが7番・糸井は見逃し三振に仕留めた。

 2回は先頭の坂本を低めのフォークで空振り三振斬り。続く9番・山本には三塁線突破の二塁打を許したが、続く近本、糸原をいずれも二ゴロに退け、大野は2回42球、4安打3失点、3奪三振1死球の内容で降板した。

 初回は制球にバラつきが見られたものの2回は安定。安打も捉えられた打球は糸原の右前打とマルテに浴びた2点適時二塁打の2本で、内容自体は悪くなかった。