◆ 足を使った攻撃が光る

 対外試合が始まってから若手、中堅選手たちの“1つ先の塁を狙った走塁”が光っているが、28日の西武との練習試合では得点に繋がる“好走塁”が目立った。

 0−0の初回、前日先頭打者本塁打を放った1番・藤原恭大が、3ボール2ストライクから先発・平井克典が投じた7球目のストレートを冷静に見送り四球を選ぶ。続く2番・中村奨吾は2ボール1ストライクから4球目の球をライト前にはじき返すと、スタートを切っていた一塁走者の藤原は三塁へ。3番・加藤翔平の一ゴロで一塁走者の中村が二塁へ進むと、4番・山口航輝のライト前ヒットで藤原が先制のホームを踏んだ。

 なお一死一、三塁と好機が続き5番・菅野が3ボール2ストライクから6球目の球をライトへはじき返すと、三塁走者の中村に続き自動スタートを切っていた一塁走者の山口も一気にホームインした。

 6−3の6回無死満塁の場面では、小川龍成がセンターへの犠牲フライで三塁走者だけでなく、二塁走者の安田尚憲も三塁へタッチアップを決めた。

 7−3の8回一死一、二塁では小川が3ボール2ストライクから空振り三振に倒れたが、一塁走者・吉田裕太、二塁走者・西巻賢二のダブルスチールが決まると、7−3の9回一死一、二塁では福田秀平の初球、捕手の中熊大智が弾いたのを見て二塁走者の和田康士朗が三塁、一塁走者の柿沼友哉が二塁へ進んだ。二死後、代打・佐藤都志也のセンター前ヒットで和田、柿沼が生還した。

◆ チーム全体に浸透

 昨季も得点が奪えないなかで“足”を使った攻撃で得点を重ねていったが、昨季よりもその意識がより徹底されている印象を受ける。若手中心の練習試合とはいえ、1点を奪うために俊足の若手、中堅選手だけでなく、安田尚憲、山口航輝といった打力を売りにする選手たちからも1つ先の塁を狙う姿勢が伝わり、チーム全体に浸透しているように見える。

 対外試合を10試合終えただけではあるが、1点を奪うことに対しての“執着心”は昨年に比べて高くなっている印象だ。ここに荻野貴司、マーティン、レアード、角中勝也、井上晴哉といった主力が加わったときに、足も使えて、長打も打てる嫌な打線になる可能性を秘めている。

文=岩下雄太