● 巨人 2 − 3 ロッテ ○
<オープン戦・東京ドーム>

 巨人の菅野智之投手(31)が19日、ロッテとのオープン戦に先発登板。3回1安打無失点の好投で上々の仕上がりを披露した。

 初回、2番・藤原を空振り三振に仕留めるなど3者凡退スタート。2回も売り出し中の4番・山口を真っ直ぐで空振り三振に退けるなど3人で斬った。3回は二死から9番・小川に内野安打を許したが、女房役・大城が盗塁阻止。3回34球、1安打無失点、3奪三振無四球の快投でオープン戦ラスト登板を終えた。

 エースは練習試合も含め、これで今春の対外試合は4試合に登板し計13イニング無失点。万全の状態で26日の開幕・DeNA戦(東京ドーム)のマウンドに上がる。

 攻撃陣では「8番・遊撃」でスタメン出場した吉川が2本の長打含む3安打2打点とアピール。3回に立ち上がり完璧だったロッテ先発・二木から右翼フェンス直撃の二塁打を放つと、7回は二死三塁で3番手・ハーマンからチーム初得点となる適時打を右前へ。2点を追う9回は二死一塁で5番手・河村から右中間突破の適時三塁打を放ち、オープン戦打率を.346に上げた。