◆ 新守護神・漆原の乱調

 オリックスは10日、同点で迎えた最終回に“守護神”漆原大晟の乱調により勝ち越しを許し、日本ハムに連敗を喫した。

 オリックス先発の山﨑福也は、145キロ前後のストレートと得意のカーブなどを交えた緩急を駆使したピッチングで日本ハム打線を翻弄。6回を投げ、被安打4、失点2の内容で、先発としての役目を果たした。チームは6回裏に吉田正尚の適時打で同点に追いつくが、その後の好機を逸してしまった。

 山崎福の後を能見篤史、ヒギンスが無失点で繋ぎ、最終回には同点の場面で、今シーズンのクローザー漆原大晟がマウンドへ。しかし漆原はストライクが入らず、先頭の近藤健介を四球で歩かせると、中田翔が右安打、野村佑希にはセンターに勝ち越し適時二塁打を打たれ、浅間大基、大田泰示の連続犠飛で、一気に3失点。その裏、オリックス最後の攻撃は日本ハムのクローザー・杉浦稔大にシャットアウトされ、2-5で敗れた。

 先発の山崎福也は「勝ちたかった」と、今季初勝利を逃した悔しさを滲ませながら、「調子自体も悪くなかったですし、なんとか最低限ゲームを作れたところは良かった。ただ、ランナーを出してから長打を許してしまった場面など、ピッチングが淡泊になってしまったところもあったので、そういった部分を反省しなければいけない。また次頑張ります」と、次戦に向けて前を向いていた。

 中嶋聡監督は「難しい」と試合を振り返った上で、「悪い流れ。この流れをどこかで断ち切っていかなきゃいけないので、これからやっていきます」と、気持ちを切り替えていた。オリックスは今週も連敗ストッパーを高卒2年目左腕・宮城大弥に託すことになるが、野手の奮起なくして勝利は厳しいだけに、打線の爆発に期待したいところだ。


取材・文=どら増田