◆ 制球に苦しみ5回途中4失点で降板

 阪神の藤浪晋太郎投手(27)が23日、本拠地・甲子園でのDeNA戦に先発登板したが、今季自己ワーストの7四死球を与えるなど5回途中4失点で降板した。

 初回は3者凡退の好スタート。しかし2回、突然制球を乱し、先頭から3者連続四球で無死満塁のピンチを招いた。7番・神里の二ゴロ間に失点。ノーヒットで先制点を献上した。3回は一死から2番・柴田に初安打となる二塁打を許すと、二死後、4番・佐野に中越えの適時二塁打を浴び2失点目。5番・ソト、6番・宮崎には連続四球を与え満塁のピンチを招くと、続く神里にも押し出しとなる四球を与え3点目を失った。

 4回は3者凡退で終えたものの、大山の4号ソロで2点差に詰め寄ってもらった直後の5回、先頭の3番・オースティンに死球を与え降板。リリーフした馬場も自らの悪送球、右翼・佐藤輝の後逸などで一気に4点を失い、藤浪の登板結果は4回0/3で92球、2安打4失点、3奪三振7四死球となった。

 藤浪は7回2失点と力投した9日のDeNA戦(横浜)で今季初勝利を挙げ、6回途中無失点だった16日のヤクルト戦(甲子園)では、自ら決勝本塁打を放ち2連勝。10連敗中のDeNA相手に3連勝の期待がかかったが、制球難による自滅で3勝目はお預けとなった。