2020年に設立された中学野球チーム「東京インディペンデンツ」。大会優勝や強豪高校への進学を目標とせず、目指すのは選手個々の成長。練習は量よりも質を追求し、科学的エビデンスに基づいた指導を行う。前回のGM、監督インタビューに続き、今回は練習の一部を紹介したい。



■ちょっとずつ上手くなってくれればいい
この日の練習が行われていたのは4月上旬の東京・多摩川の河川敷グラウンド。
練習はじめのウォームアップ指導を行っていたのは、陸上800mオリンピック候補だった新川翔太コーチ。走り方のフォームはもちろん、股関節を中心にした体の動き、動かし方などを丁寧に教えていました(新川コーチはフィジカルトレーニングも担当しており、練習の合間には体幹トレーニングも指導していました)。



キャッチボール、塁間ボール回しに続いて行われたのは内外野のノック。この日はフライに対する声掛けをテーマに行われていましたが、落球、お見合いなどのミスも見られました。こういった場合、ほとんどのチームであれば指導者から怒気を含んだ大声での叱責などが飛び、グラウンドに緊張感が走ると思います。しかし、このチームで飛んでいたのは「今のは捕れたんじゃないかー!?」「おーーい!」など、語尾に「(笑)」のニュアンスを含んだ監督とお父さんコーチ達からの声でした。
「今日より明日、ちょっとずつ上手くなってくれればいいなと思っていますから、失敗して怒鳴るとか、そういうことにはならないですよ」と加藤幹典監督。



珍しかったのは休憩を挟んでノックが再開されると全員のポジションがシャッフルされていたこと。この狙いについて監督に聞くと「選手達に全ポジションを経験させて目線を広げさせることと、色んなポジションを守れることで高校に上がったときにチャンスを広がるからですね」と意図を教えてくれました。

■名門校仕込みのキャッチャー練習


その後に行われたのはポジション別の守備練習。
キャッチャーの指導を行っていたのは、横浜高校時代にNPB通算96勝の成瀬善久投手(現BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス/選手兼投手コーチ)とバッテリーを組み、センバツ大会準優勝の経験もある太田智英ヘッドコーチ。



この日行われていたのは捕球と送球の練習。太田コーチがマウンドの少し前方からキャッチャーに向かってふわりと山なりのボールを投げ、これを迎えに行かずにしっかり待ってキャッチし、セカンドスローするというもの。緩いボールは待ちきれずにキャッチングを迎えに行ってしまいがちですが、そうすると頭が前に突っ込んで上体が前掛かりになり、そこから上体を立て直す分だけ時間をロスしてしまいます。

なんだか難しく聞こえますが、太田コーチはこんな風に分かりやすくキャッチャー陣に説明していました。
「ユニフォームの胸のマークをしっかりとピッチャーに見せた状態のままキャッチする。胸のマークが地面に向かないように意識してキャッチしてごらん」
知識や経験が豊富なだけでなく、それを子ども達に分かりやすく説明できる太田コーチの翻訳力の高さに感心しました。


■元ドラ1投手のピッチング指導
ピッチャーの指導を行っていたのは、元慶応大学エースでヤクルトにドラフト1位された経歴を持つ加藤監督。行われたのは独特のシャドーピッチング。



(1)片足を挙げて軸足1本でしっかりと立って止まる
(2)トップの位置を作って止まる
(3)腕を振ってフォロスルーの形で止まる

この動作を繰り返し行わせていました。この練習の目的はバランスを崩さずに体重移動を行えるようになること。特に(3)では、投げ終わったときに右投げであれば前に踏み出した左足の膝の真上に右肩がくるように、頭が突っ込まないようになど、細かく指導を行っていました。

続いて行われたのは軸足をベンチの上に置いた状態でのシャドーピッチング。これはボールをリリースした後、踏み出した足の股関節をひねる動きを意識させることが目的。



その後はピッチャー同士でのキャッチボールが行われましたが、目的は色んな変化球を試してみること。投球練習を通じてではなく、キャッチボールを通じて遊び感覚で試している点が独特です。

毎年強豪高校へ選手を送り出しているチームや、全国大会出場を目指しているチームから見れば、このチームの練習は緩く、物足りなく映るかもしれません。厳しい練習に打ち込むチームをもちろん否定しません。しかし、そういったチームでやる自信がない、馴染めない子も多くいます。そういった子達のためにも中学野球に新しい選択肢が増えることは歓迎すべきこと。インディペンデンツのようなチームが全国に増えれば野球を続ける子どもはもっと増えるのはでないでしょうか。(取材・写真:永松欣也)