● 巨人 0 − 2 楽天 ○
<3回戦・東京ドーム>

 巨人は楽天の投手陣に抑え込まれ、0−2で完封負け。交流戦初黒星を喫した。

 巨人は楽天の先発・瀧中瞭太を捉えることができず、5回まで2安打に抑え込まれる。0−2の6回も代打・香月一也が二飛、1番・松原聖弥が一ゴロ、2番・ウィーラーが空振り三振と、チャンスらしいチャンスを作ることができない。

 7回に先頭の吉川尚輝がレフト前にヒットを放ち、先頭打者が出塁する。ここで抑え込まれていた瀧中から酒居知史に代わったが、4番・岡本和真が空振り三振、5番・スモークが三ゴロで無得点に終わった。8回と9回も楽天リリーフ陣の前に、出塁することができなかった。

 原辰徳監督は試合後、打線について「いいピッチングをされてしまった。4番、5番が打てないとこういうこともありますよ。0点ではなかなかね」と話し、「明日は移動してゲーム。切り替えていきます」と気持ちを切り替えていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)