巨人のエース・菅野智之が13日、ロッテ戦に先発したが2回2/3を投げ4失点で降板した。

 菅野は故障で離脱後、復帰後初登板となった6日の日本ハム戦は5回を投げ2失点だったが、この日はパ・リーグトップの得点数を誇るロッテを前に本来の投球ができなかった。

 0−0の初回一死走者なしからマーティン、中村奨吾二連続四球を与えると、角中勝也に適時二塁打、レアードに犠飛を打たれ2点を失った。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ロッテ−巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は菅野について「ちょっと状態が悪そうですね。体重ののりも甘いですし、ストレートのスピード、コントロールも若干バラついているので心配な立ち上がり」と指摘した。

 2回は三者凡退に抑えたが、3回は先頭の荻野貴司に左本、レアードに犠飛を浴び2失点。なお、二死三塁、左の安田尚憲に打席が回ってきたところで、悔しい降板となった。里崎氏は「これは仕方がないですね。明らかに初回から状態が悪そうにしか見えなかった」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)