◆ 腰部の張りを訴えて次点の山川に

 NPBは16日、同日に開催する『マイナビオールスターゲーム2021』の第1試合前に行われるホームランダービーの出場選手変更を発表。ロッテのレオネス・マーティンに代わって西武の山川穂高が出場する。

 マーティンは腰部の張りを訴え、オールスターには出場予定ながら本塁打競争は欠場することに。その結果、ホームランダービー出場者を決めるファン投票で次点だった山川が繰り上がって出場することになった。

 この結果、16日に行われるホームランダービーの第2試合は、山川と佐藤輝明(阪神)の対戦となる。その他、ホームランダービーの組み合わせは以下の通り。


<7月16日・メットライフ>
▼ 第1試合
杉本裕太郎(オリックス)
山田哲人(ヤクルト)

▼ 第2試合
山川穂高(西武)
佐藤輝明(阪神)

▼ 準決勝
第1試合と第2試合の勝者

<7月17日・楽天生命パーク>
▼ 第3試合
吉田正尚(オリックス)
岡本和真(巨人)

▼ 第4試合
柳田悠岐(ソフトバンク)
村上宗隆(ヤクルト)

▼ 準決勝
第3試合と第4試合の勝者

▼ 決勝
準決勝の勝者