オリックスの公式Youtubeで話題になった『【10番勝負】宮城大弥投手の「お茶かココアゲーム」』を、ロッテの守護神・益田直也投手がオールスターで生観戦した様子が21日にロッテ公式YouTubeで配信された。

 お茶かココアゲームのルールは、お茶と言ったらココアと言い返し、ココアと言ったらお茶と言い返すというものだ。

 益田投手が楽天・則本昂大投手に「お茶かココアゲーム知っている?」と話しかけると、則本投手は「何ですか?それ」と返答。益田投手はすぐさま、オリックスの宮城投手に則本投手とお茶かココアゲームをするようにしむける。このゲームを知らない則本投手は「お茶かココアゲーム」をするも…。ちなみに、益田投手はオリックスの公式YouTubeを見ていたため、ゲームを知っていたそうだ。

 21日に配信された『益田感激!お茶かココアゲームをオールスターで生観戦!【広報カメラ】』では、楽天球団がこの動画に絵文字でコメントするなど、他球団を巻き込み話題となっている。