○ 阪神 7 − 3 巨人 ●
<16回戦 甲子園>

 首位・巨人、2位・阪神の“首位攻防第1R”は、2位阪神が7−3で勝利した。

 阪神は先発・西勇輝が5回に松原聖弥に2点適時三塁打、6回に亀井善行に適時三塁打を浴びる。打線も巨人先発・戸郷翔征の前に5回までノーヒットに抑え込まれる嫌な展開だった。

 0−3の6回に大山悠輔のチーム初安打を放つと、続く代打・糸井嘉男の適時二塁打で1点を返す。1−3の7回に大山悠輔の2点適時二塁打で同点に追いつくと、中野拓夢の3点適時三塁打で勝ち越しに成功する。8回に大山の適時打が飛び出し、9回はスアレスが締めた。

 ABCラジオ制作で3日にニッポン放送でも放送された『阪神−巨人戦』で解説を務めた下柳剛氏は、「巨人が勝つのかなと途中まではそういう流れだったんですけど、1イニングちょっと崩れると野球はわからないですね。ちょっとのことで同点、逆転ですからね」と振り返った。

(提供=ABCフレッシュアップベースボール)