◆ 3点差追い付かれてスイープならず

 DeNAは3点差で迎えた9回表、史上初のスターナイト3連勝まであとひとりと迫りながら、守護神がまさかの3連打を浴びて土壇場で追いつかれ、悔しい引き分けとなった。

 前日の勝利後、「この流れを、あすの初回から続けていきたい」と語った三浦大輔監督の気持ちが言霊となったのか、先頭の桑原将志が折れたバットと打球がショート前に飛んでいくラッキーな内野安打で出塁すると、タイラー・オースティンと宮﨑敏郎の連続本塁打で3点を先取し、ゲームの主導権を握ることに成功する。

 先発の左腕・坂本裕哉は球数を要しながらも、力強いストレートを軸に攻めのピッチングを披露。要所を締めて巨人打線を交わしていたが、4回に味方の失策が絡み自責0ながら2失点を喫してしまう。5回に迎えたピンチは三塁手・宮﨑の好守に助けられたが、リードを保ったまま降板。代わったケビン・シャッケルフォードの乱調も砂田毅樹がしっかりとカバーし、7回と8回は勝利の方程式通り、エドウィン・エスコバーと山﨑康晃が無失点リレーで繋いだ。

 8回裏には、二死からの3連続長短打で5−2とリードを広げ、万全の状態で抑えの三嶋一輝に託したが、巨人戦での相性の悪さがここでも顔を出して、まさかの3失点。裏の無死一、二塁のチャンスで関根大気が送りバントを失敗するなど、ツメの甘さも露呈し、悔しい引き分けとなった。


◆ 先発・中継ぎには高評価

 試合後、三浦大輔監督は、三嶋に対し「投げきって欲しかったですけどね…」とポツリと呟き、「ボール一つひとつを見れば、それほど悪くはない。イメージなのか、意識しすぎる部分があるのかなと思う」と分析。開幕戦のサヨナラ被弾、5月の連続失点と、巨人アレルギーが心配されるが、「(苦手意識を)払拭するのは、マウンドでしかできない」と、奮起を促した。

 流れを重視する指揮官は、3回の無死一、二塁で宮﨑、牧秀悟、ネフタリ・ソトが三者連続三振でチャンスを潰し、その裏に柴田竜拓の失策から失点を許したことについては、「点が取れずに嫌な流れで先頭打者をエラーですからね」と、相手にペースが傾いた場面を悔やんだ。

 しかし、「坂本は嫌な流れの中でもよく踏ん張ってくれた。ボール自体は悪くなかったと思いますし、四球を出しながらも粘って、点を取られながらも踏ん張った」と、先発としての仕事を全うした左腕を評価。「中継ぎ陣もよく踏ん張って、流れを止めてくれた」と、勝ち越しを許さなかった投手陣を労った。

 ミスや誤算がありながらも、首位争いをしているチーム相手に3連戦を2勝1引き分けで終えた三浦ベイスターズ。発展途上のチームは、この失敗を糧に、さらに成長した姿を見せてくれることだろう。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)