◆ 8月30日に誕生日を迎えた14歳のアスリート

 オリックスは13日、東京オリンピックのスケートボード女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛(にしや・もみじ)選手が、『Bsオリっこデー』と題して開催される19日・西武戦(京セラD大阪)の特別始球式に登板することを発表した。

 西矢さんは大阪府松原市出身の14歳。今年8月に開催された東京オリンピックでは13歳10カ月の若さで金メダルを獲得し、当時の日本人金メダリスト史上最年少記録を更新する快挙を達成。五輪正式競技としては初めて採用されたスケートボード女子ストリートの初代女王に輝いた。

 名実況「真夏の大冒険」でも話題になったニューヒロインがマウンドへ上がり、当日は子どもたちのスターとして『Bsオリっこデー』を盛り上げる。


【動画】名実況「真夏の大冒険」西矢椛の東京五輪ハイライト
【#東京オリンピック】ハイライト#スケートボード 女子ストリート決勝
日本人史上最年少で #金メダル を獲得した #西矢椛 選手。
決勝ではランで着実に得点すると、トリック後半に大技で高得点を連発し、快挙を達成しました。#Tokyo2020 #gorinjphttps://t.co/oOdJnrK5cR pic.twitter.com/2KppcU46mw— gorin.jp (@gorinjp) July 26, 2021