◆ 終盤のピンチ切り抜け価値あるドロー

 ロッテの2連勝で迎えたソフトバンクとのカード3戦目は9イニングで決着つかず1−1の引き分け。7回に代打・安田尚憲の適時打で同点に追いつき、終盤は再三のピンチを好守で切り抜けドローに持ち込んだ。

 16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた立浪和義さんは「2つアウトにした外野守備。髙部選手の送球も素晴らしかったし、最後の荻野選手も素晴らしかった」と、8回に上林誠知のタッチアップを阻止する好返球を送った右翼手・髙部瑛斗、9回サヨナラの走者を本塁で刺した左翼手・荻野貴司の好プレーを、この試合のポイントに上げた。

 ロッテはここにきて右翼・マーティンと、シーズン途中から中堅に定着した藤原恭大を欠く戦いを強いられているものの、この日は左翼から角中勝也、荻野、菅野剛士の3選手をスタメンに並べ、好プレーを見せた髙部と和田康士朗、岡大海の俊足トリオをバックアッパーとして起用。試合途中から起用した若手の好プレーが失点を防ぐ格好になった。

 立浪さんは「いま戦列を離れていますけど藤原選手は脚力もあって守備範囲が広いですし、ロッテの外野陣は控えも含めて素晴らしいですよね。やはり強いチームの鉄則といいましょうか、外野の守備は良いですよね」と語り、主力が離脱してもなお勝ち続けるロッテの外野陣の層の厚さを指摘。

 番組MCを務めた高木豊さんは「今日のロッテの送球はちょっと逸れていたらセーフだった」とし、立浪さんは「それを期待して(ソフトバンクの)三塁コーチャーも回しているんですけど、見事にストライクですから。ロッテからしたら今日の引き分けは大きかった」と、鉄壁の外野陣で奪った価値あるドローを評価した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』


【動画】好プレー連発の大激戦はドロー…ソフトバンク戦のハイライト