◆ タッチアップでサヨナラ生還狙うも憤死

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が22日(日本時間23日)、本拠地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。2度の申告敬遠含むメジャー自己最多の1試合4四球を記録し、勝負を徹底的に避けたアストロズには大きなブーイングが浴びせられた。

 初回、二死無走者の場面でアストロズの先発右腕・ガルシアと対戦。一発警戒の相手バッテリーはまともに勝負をしてくれず、ストレートの四球で一塁へ歩いた。2点を追う4回はイニング先頭で再びガルシアと対戦。1ボール後の真ん中に来たチェンジアップにバットを出したがファウル。その後は再び3球連続でボールとなり、再び一塁へ歩いた。続くゴセリンの打席で二盗を狙うと、タイミングは悠々セーフ。しかし、スライディングのあと勢い余ってベースから離れてしまいタッチアウトとなった。

 二死無走者だった6回の第3打席は一ゴロ。5−3と逆転し、なおも二死二塁だった7回の第4打席は申告敬遠で一塁へ歩き、場内は大ブーイングに包まれた。無死二塁から始まるタイブレーク形式の延長10回も、先頭打者として打席に立ち四球。アストロズベンチは2球連続ボールになったところで申告敬遠を選択した。

 大谷はそのあと三塁へ進み、代打・フレッチャーの浅めの右飛で本塁へタッチアップ。しかし、相手右翼手の好返球に阻まれサヨナラ生還とはならなかった。

 ここまで1打数無安打4四球で打率は.256。地区優勝が目前のアストロズバッテリーにまともに勝負してもらえず、46本塁打でランキング1位のゲレロJr.(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)とは1本差のままとなっている。