● 巨人 0 − 3 阪神 ○
<21回戦・東京ドーム>

 リーグ3連覇を狙う巨人は今季8度目の完封負け。連勝は2で止まり、2位・阪神とのゲーム差は3に広がった。

 巨人打線は阪神先発・髙橋の前に三振の山。2回途中から6者連続三振を喫するなどチャンスすら作れなかった。投げ合う菅野も6回までゼロを並べたが、7回に5番・糸原に先制となるソロ被弾。8回は2番・中野に2点適時二塁打を許し、8回途中6安打3失点の力投も実らず7敗目(5勝)を喫した。

 打線は3点を追う9回、2番・松原、3番・坂本の連続内野安打で無死一、二塁としたが、4番・岡本和は一飛に倒れ一死。5番・ウィーラーは右前打を放ち満塁としたが、6番・丸は空振り三振、最後は代打・亀井が右飛に倒れ万事休した。

 巨人打線は最後まで得点を奪えず、虎の4年目左腕にプロ初完封勝利を献上。14三振を喫し1点しか奪えなかった昨年10月5日の対戦(甲子園)でもプロ初完投を献上しており、約1年ぶりの再戦でまたしても快投を許してしまった。