○ ヤクルト 4 − 1 阪神 ●
<21回戦 神宮>

 首位・ヤクルトが、2位・阪神との直接対決に4−1で勝利し、連勝を7に伸ばすとともに優勝マジック「11」を点灯させた。

 ヤクルトは初回、4番・村上宗隆の適時二塁打で幸先よく先制すると、続く2回には西浦直亨の第5号ソロで追加点を挙げる。3回まで阪神打線を無安打に抑えていた先発・奥川恭伸が4回に大山悠輔に第21号ソロを浴びたが、5回まで1安打1失点に抑える。

 奥川を援護したい打線も5回に塩見泰隆の2点適時打でリードを広げると、奥川は7回途中1失点の好投。3点リードの8回は清水昇、9回はマクガフが無失点で逃げ切った。奥川は9勝目をマークした。

 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−阪神戦』で解説を務めた若松勉氏は「今日は奥川がホームランの1点で抑えたというところでしょう。連戦の初戦なので、勝ちにいかないといけない試合で1失点に抑えた。いいピッチングだったと思います」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)