◆ 2回に佐藤輝の適時二塁打などで2点先取も…

 阪神の青柳晃洋投手(27)が7日、巨人とのCSファーストステージ第2戦(甲子園)に先発登板。3回に味方の失策からピンチを招き、3回途中5安打3失点(自責点0)でマウンドを降りた。

 負ければ敗退となる阪神は2回裏、8番・佐藤輝の適時二塁打、2番・中野の左前適時打で2点を先取。しかし直後の3回表、先発の青柳は先頭の7番・吉川尚を遊ゴロに打ち取ったが、これを遊撃・中野がファンブルし先頭打者の出塁を許した。

 青柳は続く8番・大城、代打・八百板、1番・松原に3連続単打を許し失点。なおも無死満塁のピンチで2番・若林、3番・坂本を打ち取ったが、二死から4番・丸に右前2点適時打を浴び3−2と逆転された。青柳はここで降板となり、矢野監督は2番手・伊藤将にスイッチ。伊藤将は二死満塁のピンチを凌ぎ1点ビハインドを保った。

 青柳はレギュラーシーズン最後の登板でも、2回4安打1失点(自責点0)で降板。またしてもバックの拙守に足を取られ、序盤で試合から退く結果となった。


【動画】3位巨人が阪神に連勝し下克上突破!CSファーストS第2戦のハイライト