3位・巨人は阪神とのクライマックスシリーズファーストステージを2連勝でファイナルステージ進出を決めたが、原辰徳監督の采配が光った。

 第1戦では0−0の5回無死一塁の場面で、今季0犠打のウィーラーが送りバントを決め、吉川尚輝の先制の適時打に繋げた。3−0の8回にも一死二塁から廣岡大志がしっかりと送り、ウィーラーが2打席連続となる適時打。“送りバント”をしっかりと得点に繋げた。

 6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズセ ファーストステージ 阪神−巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が「バントをやらせて火をつけるというね。原采配も見事に当たった。ずっとなかったですからね。ベンチの采配と選手が期待通りの活躍を久々に見ましたね。4番がいなくてもこういう野球ができる」と評価した。

 第2戦は先発・高橋優貴を2回途中で諦め、後を受けたリリーフ陣が無失点に抑え、打線も3回に松原聖弥、丸の適時打で3点を奪い逆転勝ち。原監督の采配が光った2戦だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)