【CSファイナルステージ第2戦】
○ ヤクルト 5 − 0 巨人 ●
<11月11日 神宮>

 ヤクルトは「2021 JERA クライマックスシリーズ セ」ファイナルステージ第2戦に勝利し、ステージ通算3勝0敗。会心の2試合連続完封勝利で、日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 3年前のCSでノーヒットノーランを許した菅野智之と対峙したヤクルト打線は2回、先頭の4番・村上宗隆が放ったチーム初安打をキッカケに一死満塁のチャンスを迎え、8番・西浦直亨が中犠飛を放ち先制。

 2回以降は攻めきれない展開が続いたが、1点リードで迎えた6回、先頭の村上が左中間二塁打でチャンスメークし、相手失策と犠打、申告敬遠で二死満塁に。代打・川端慎吾が押し出しの四球を選び貴重な追加点をもぎ取ると、続く1番・塩見泰隆が満塁走者一掃の左中間適時打を放ちダメ押し。中4日で力投していた菅野を6回途中5失点(自責点1)でノックアウトした。

 先発の高橋奎二は立ち上がりこそ制球が不安定で塁上を賑わせたが、威力あるストレートで巨人打線を圧倒。4回以降は3イニング連続三者凡退の好投で、6回(102球)を投げ2安打無失点、8三振3四球の内容でゲームメイクした。

 5点差となった7回以降はスアレスが2番手としてマウンドに上がり、清水昇とマクガフの必勝リレーに継投。巨人打線を2安打無失点に抑え込む2試合連続の完封勝利を収めた。

 これで優勝チームへのアドバンテージを含め3勝0敗。12日の第3戦で引き分けか勝利することで、6年ぶりとなる日本シリーズ進出が決まる。



【動画】日本シリーズ進出に王手!CSファイナル第2戦のハイライト