【CSファイナルステージ第2戦】
○ ヤクルト 5 − 0 巨人 ●
<11月11日 神宮>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、ヤクルト・村上宗隆について言及した。

 村上は前日の第1戦は3打数0安打だったが、0−0の2回無死走者なしの第1打席、巨人の先発・菅野智之が3ボール1ストライクから投じたストレートをレフト前にはじき返し安打を放つ。3回の第2打席に四球を選ぶと、6回の第3打席は左中間を破る二塁打でマルチ安打を達成した。

 川相氏は「村上の調子が完全に戻りましたね。昨日のバッティングと全然違います。1打席目のヒットが(カウント)3−1からのストレートをきっちりレフト方向に打ち返した。いい雰囲気で打席に立っていますよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)